順位 優勝
受賞者 上野 浩太郎くん

あきらめずにボールを取って、あまいボールを打ち込んだところが良かったです。』この大会で決勝戦まで全力で戦える体力をつけることと、もっとサーブを速くしたいと思いました。